落胆後の楽しみ

私は職業柄平日が休みだ。
平日休みの人はもちろん知ってると思うが、お店が混まなくて助かっている。
デリヘル店はもちろんだが、家電量販店やイオンなど、休日は人!人!人!でごった返してるのが嘘のようにガラガラな感じでとても良い。
道路も捨ていたり良いことづくめなのだが、子供と休みが合わないというのが一番の悩みどころだ。
それ以外は本当に便利なのだ。

デリヘル店も予約が取りやすく、しかも可愛い子が多い気がする。
先日激安店で大失敗してから1ヶ月ほど、傷心中な訳だがそろそろデリヘルを呼びたくなってきた。
前回は激安でしパイしているので、今回は高級店で呼んでみることにする。
仙台のデリヘル店で「高級」と謳う店は皆無だ。なので、比較的高めの料金設定の店から呼ぶことにする。

調べてみたが、60分2万円を超える店はなかったが、19,000円という店はあった。
今回はこの店から読んでみようと思う。
いくら料金が高くても、必ず可愛い女の子が来ると保証はないが、確率的にはかなり上がると思う。
高いお金で安心を買うといったところだろうか。

今回は仙台市内のちょっとお高めのビジネスホテルに呼んでみた。
私の予定では、玄関の扉がコンコンとなり、とびきりの美女が出て来るイメージだ。
そんなに都合のよう話はないかもしれないが、60分19,000円なだけに期待してしまう。
若干ソワソワしながら女の子を待っていると、ノックをする音が聞こえる。
恐る恐るドアを開けると、そこには想像以上の美女が立っていた。

 

彼女を部屋の中に入れると、とてもいい匂いがする。
匂いだけでこんなにも興奮したことはないというぐらいの良い匂いで、今からのプレイがとても楽しみである。
彼女は、容姿だけではなく、言葉遣いや礼儀も完璧だった。
常に笑顔でとても感じが良い。これは仙台のJ店に匹敵するぐらい。むしろそれ以上のレベルかもしれない。

軽く喋りながら過ごすと、早速シャワーを浴びようということになった。
シャワールームは仙台の街並みを一望できる、とても眺めの良い空間だった。
その開放感に私たちも自然と緊張がほぐれ、風呂場でイチャイチャが始まった。

彼女の乳首はピンク色で、とても綺麗だ。
聞くと乳首をピンクにする薬があるらしく、それを塗っているという。

風呂場でイチャイチャを楽しんだ後は、冷蔵庫のジュースを飲み、しばらく部屋でまったりしていた。
彼女の方からベッドに誘ってきたので、しばらく彼女に攻めてもらった。
全身を丁寧に愛撫されて、私はとても幸せな気分になり、このまま彼女と寝てしまいたい感覚に陥った。

時間にすると20分ぐらい攻められ続けたので、あそこはギンギンになり、いつでも発射OK状態になる。
彼女はローションを取り出すと、股間に塗りたくり、手で優しくてコキしてきた。
初めはゆっくりと。そしてだんだんと激しくなる。

コメントを残す