良い子

下手すると手コキでイってしまいそうだったので、やめてもらい、今度は私が攻めるターンとなった。
彼女の柔らかくてきめ細やかな肌は愛撫するときもとても気持ちが良かった。
首筋は暖かくてひと舐めすると、ウッ!アフッ・・・。といった具合にとても感度がいい。
キスしているときは、自分の胸に彼女の硬くなった乳首が当たる感触があり、とても興奮する。
愛撫はだんだんと胸の方へと進んでいき、とうとう乳首に到達してしまった。
チョロチョロと舌で乳首を転がすと、時折ビクッと体が震えているのがわかる。
耳元で「きもちいの?」と聞くとコクリと頭を縦に振った。
丹念に乳首の周りも舐めると、彼女の顔が赤らみ、とても気持ちよさそうにしている。

とうとう股間へと近づくと、一層体の震えが大きくなってくのがわかった。
ちょっと指で秘部を触ってみると、ヌルッとした感触があり、糸を引いている。
「エロい液体が出てるよ〜」なんて冗談で言うと、彼女は「恥ずかしい〜!」といって布団位くるまってしまいます。
なんて可愛らしい女のこでしょう。

私はその行動にキュンとしてしまいました。
仙台のデリヘルを呼んで10年になりますが、デリヘル嬢に恋しそうになるのは初めての経験です。
こうやってハマる人は多いのかなぁ、と感じる。

その後、二人は恋人のような関係を存分に堪能することができた。
最後の別れ際、彼女が「また会いたいから呼んでね」と言われた。たとえ嘘でも嬉しいものである。
最後の最後まで教育が徹底された良い子だった。

高級店というのはやはり失敗がない(極めて少ない)と思う。
お金があれば高級店に行くに越したことはないが、多くの人はそんなに風俗にお金をかけていられないだろうし、もっとも、低料金で可愛い女の子を呼べた時の優越感もよいものだ。
デリヘルはギャンブル的要素もあり面白いのだ。
仙台はもともと可愛い子がおいので、初心者でギャンブルしたい人にとってはうってつけの土地と言えると思う。
私も先日、ギャンブルをして負けてしまったが、失敗してこそ学ぶものもあると思う。
失敗したことがある人はそれだけで強みになる。逆に今まで可愛い子しか当たってない人は失敗の経験がないので、もしも地雷が来た時の対処は相当酷なものになると思う。

怖いことを書いてしまい申し訳ないが、デリヘルとはこういうもので、一度行っただけではデリヘルの面白さの半分も経験できないだろう。
そこにはちょっとした恋愛があり、そして、人間ドラマがあるのである。

ここまで書いてすでに次のデリヘルをどこにするか悩んでいる私。
次回呼ぶときは仙台からちょっと離れて、郊外のデリヘルを呼んでみようと思う。
塩釜や利府など、県北エリアが熱いと聞いたので、行ってみようと思っている。

仙台は市内だけではなく、郊外のデリヘルも様々あり、郊外でしか呼べない店なんかもある。
それ目当てで行くことにする。

ブログはまだまだ続くので、みんなには飽きずについて来てもらいたい。
では、また来月!

コメントを残す