仙台のデリヘルのこと

仙台のデリヘルに通いつめて10年以上。
これまでの経験は決して無駄ではない。いい思いをした時や警察沙汰になったことまで・・・。
今振り返れば色々あったが、呼び続けてきて本当に良かったと思う。
それなりのコミュニケーションも勉強になったし、トラブル回避の能力も身についたと思う。
仲の良いお店になると、何らかのおまけをしてくれたり、新人でいい感じの子が入った時なんかも率先して教えてくれたりもする。
評判の悪い店情報や本●ができる裏情報まで。割と何でもありなのである。

こういったサービスは実際に何度も呼んでお店と仲良くなるしかない。
これを見ているみんなも一度だけではなく、何度も足を運んでスタッフに覚えられるのもいいだろうと思う。
ここで下心を見せてしまうと関係が崩れてしまうので、適度な距離感で進めることをお勧めする。
「良いお客さん」を演じると、店側もそれなりにサービスをしてくれるものである。

仙台は土地柄、人懐っこい性格の人が多い。
デリヘル店も同様で、スタッフも感じのいい人が多いように思う。
先日なんかは「今日お金ないから1000円まけて〜」とダメ元で言ったらすんなりOKだったり、無料でオプションつけてくれたりするほどだ。

そんな私は女の子にはお土産を欠かさない。
ブログでその子の好物を調べて持っていったり。女の子が喜びそうなものを常にアンテナ張って持っていくようにしている。
そうすると何が起きるかというと、女の子は喜んで、これまたオプションをこっそり追加してくれたり、稀だが本●させてくれたりするものなのである。
気をつけなければならないのが、押し付けがましくプレゼントしても全く効果がないということだ。
人間誰しも無理やりプレゼントされても何も嬉しくない。
女の子は特にそういったところが敏感な生き物なので、細心の注意を払う必要がある。

気を使う点はこれだけである。

キャバクラなんかはこれ以上に気を使うと思う。
デリヘルとキャバクラを比べるのはナンセンスな話だと思うが、筆者はキャバクラは大嫌いだ。
大量のお金を注ぎこむが、見返りが少ないように思えるからだ。
デリヘルは最低でも素股、手コキまではできる。
キャバクラはちょっと触っただけでも嫌な顔をされたり、場合によっては強制退場させれれてしまう。
コスパがすごく悪いように感じる。

大金払って女の子と喋りたい!という人は良いかもしれないが、筆者のようにヤルことを目的とした場合はキャバクラはやめて置いたほうがいいだろう。
素直にデリヘルを呼ぶ方が賢いと思う。お金も最低限しかかからないので尚更だ。

ここまで、仙台のデリヘルについて語ってきたが、少しでも伝わっただろうか?
もしも出張で仙台に来る際は、スタッフと彼女たちの気さくさと人懐っこさを体験していただきたい。
きっと満足していただけるはずだ。

さて、次回はちょっと変わった体験談でも書いてみようか。

コメントを残す